ユンセリ(愛の不時着)が使っていた美顔器は?日本で買える?

韓国

韓国ドラマ「愛の不時着」は、話の内容もさることながら、出演者たちの美貌やファッションも見どころの一つです。

特に主人公「ユン・セリ」を演じたソン・イェジンさんは1982年1月11日生まれ、「ソ・ダン」を演じたソ・ジヘさんは1984年8月24日生まれということで、それぞれ日本年齢で38歳と35歳ですが、2人ともとっても綺麗でお肌もツルツルピカピカ!

秘訣を知りたくなりますよね。

ドラマの中で、主人公が美顔器を使うシーンがありますが、それがどこのものなのか気になったので調べてみました。

日本からでも購入できるので、最後まで読んでいって下さいね。

ちなみにとっても綺麗な「ユン・セリ」役のソン・イェジンさんと、「ソ・ダン」役のソ・ジヘさんのプロフィールについては、別の記事にまとめていますのでこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

ユンセリ(愛の不時着)が使っていた美顔器はどこのメーカーのもの?

愛の不時着で主人公「ユンセリ」が使っているシーンはこちらです。

北朝鮮に行ったユンセリが、お肌がダメージを受けていることに気付き慌てて美顔器を使うシーンです。

これを見ると間違いなく「この美顔器があればユン・セリになれる!」と思ってしまうと思います。

私ももれなくそう思いました。

この美顔器は「vanav」という韓国のメーカーの商品で、ソンイェジンさんがもともと宣伝しているメーカーです。

ドラマ内で使用するという事はそれなりの反響を期待してのことだと思いますが、きっとかなりの反響があったでしょうね。

日本にいる私でさえほしいです。

日本でも買えるのかどうか気になりますが、とりあえず商品についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

ユンセリ(愛の不時着)が使っていた美顔器「 VANAV UP6/ 6-in-1 」の詳細について

ユンセリが使っていた美顔器は「VANAV UP6/ 6-in-1」というものです。

その特徴をお伝えします。

まずその商品名「6-in-1」という通り、一つの機器で6つの機能があります。

  • しわの軽減
  • フェイスリフティング
  • 肌のリニューアル
  • 肌の若返り
  • 皮膚の引き締め
  • にきびの治療

そして6つの機能から6つのスキンケアが楽しめます。

  1. 水分のバランスがとれたディープクレンジング:洗顔後に毛穴の奥深くをきれいにし、不純物を除去します
  2. 眼のスキンケア:アイケア製品で、黒丸を改善し、目のシワを軽減します。
  3. 保湿を行い、皮膚に栄養を与えます:保湿剤や美白剤など皮膚に有効な成分を皮膚の奥深くまで浸透させ、皮膚に栄養を与えるのに役立ちます。
  4. スキンリフティング:筋肉を整え、筋肉をリラックスさせ、皮膚の弾力性を高め、滑らかに肌を持ち上げ、アンチエイジングを実現します。
  5. マスク使用:マスクの上から機械をあて、皮膚がマスクの栄養素を最大に吸収するのを助けます
  6. ビタミンC:ビタミンCをイオン化し、深いビタミンCを含む製品を皮膚内に浸透させ、肌が鮮やかなピンク色に伸びて輝きます
Qoo10より

機能を見ていると、日本で売っている美顔器とそう変わりはなさそうですね。

日本の美顔器も、イオン洗浄・イオン導入・マッサージも出来ますので機能的にはあまり変わりはないかとは思います。

また、USB端子充電器を使用して充電可能です。これは重要ですよね。

リフティングクリーム、マスクシート、ナイトクリームも付いてくるようですので、最初は届けばすぐに使用できそうです。

では、どこで購入すればよいのでしょうか?

下に書きますね。

スポンサーリンク

ユンセリ(愛の不時着)が使っていた美顔器「VANAV UP6/ 6-in-1」は日本で買える?

韓国のメーカーなので、そこに注文する形になります。

日本からでは、「Qoo10」で購入が出来ます!

海外からの商品という事で心配な方もいるかもしれないので、よく読んでくださいね。

私はQoo10を利用してお買い物も普通にしていますので、特に不安はありません。

お得に買い物が出来るので、逆にお勧めです。

ちなみに、とっても美しいユン・セリ役のソン・イェジンさんの「美の秘訣」スキンケア方法についてはこちらの記事にまとめていますのでよかったらご覧ください。

ユンセリ(愛の不時着)が使っていた美顔器は?日本で買える?まとめ

今回は「愛の不時着」でユン・セリが使っていた美顔器についてお伝えしました。

主人公を演じたソン・イェジンさんの綺麗な肌と若々しさに本当に釘付けになります。

そんなソン・イェジンさんがドラマ内で使っていた美顔器ですので、当然気になりますよね。

参考にしてみて下さいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました