イモトアヤコがターザン表紙に登場!そのトレーニング法・食事法とは

テレビ気になる

イモトアヤコさんが、12月19日発売の「Tarzan」の表紙を飾ることが分かりました。

表紙を見るととてもきれいな体に、いつもの太眉ではないせいかかなり別人に見えます。雑誌の中にはそのトレーニング内容も特集されているようで、そこにも登場予定とのこと。

どのようなトレーニング法だったのでしょうか。イモトアヤコさんのお話をまとめてみました。

スポンサーリンク

イモトアヤコ ターザンに出るきっかけは?

今年の5月くらいからパーソナルトレーナーをつけて鍛えていて、そのことを「イモトアヤコのすっぴんしゃん」「イッテQ」などいろんなところで話していたら、雑誌「Tarzan」の表紙が決まって。それまではトレーナーさんにウソをついて大福やおはぎを食べてて、ステーキを食べた時だけ報告するという(笑)それが撮影が一ヶ月後に決まってからは急に焦ってきて。やっぱ、ちょっとやそっとの鍛え方では「Tarzan」に出ちゃダメよ!だって「Tarzan」なんだもん!

TBSラジオより

TBSラジオでこのように話をされていたことから、イモトさんが筋トレをしていることを公言していたところに、ターザン掲載の話が決まったようですね。

イモトアヤコ ターザン表紙に向けてのトレーニングとは?

憧れていたという雑誌「Tarzan」の撮影では「体を鍛えた甲斐があった!」と喜びを語りつつ、「Tarzanというプレッシャーがあった」と撮影までのハードなトレーニングや食事制限について 話されています。

ターザン表紙への食事制限

撮影が1か月後に決まってからは、トレーナーと相談してトレーニングメニューが増え食事制限もスタート。この世で一番好きという“白いご飯”を抜き、肉と野菜のみで過ごしたそうです。

やはり、最近では必要ないと言われている糖質を抜いたのか、と思いきや、TarzanさんのHPには「筋肉を増やす五大栄養素とは」というコラムがあり、そこには

  1. プロテイン(たんぱく質)
  2. 糖質
  3. BCAA(必須アミノ酸)
  4. HMB(BCAAの一つであるロイシンの代謝物)
  5. クレアチン(アミノ酸の一種)

この5つが必要と書かれています。

そもそも私たちヒトのカラダは飢えを凌ぐために、脂肪をエネルギーとして蓄える一方、筋肉はエネルギー消費量が大きいため必要以上につけない、という仕組みになっています。そのため、常に筋肉を分解しようとする力が働く。これを抑えるのがエネルギーそのものである糖質です。糖質を入れるとカラダが飢餓ではないと判断し、筋肉を壊すのをストップします 。

Tarzanコラム

とのことで、糖質を摂る、摂らないはケースバイケースの様です。

詳しくはTarzanのHPをご覧ください。

筋肉を増やす五大栄養素。何を、いつ、どのくらい摂ればいい?
筋育に欠かせない主な栄養は5つ。プロテイン、アミノ酸(BCAA、 HMB)、糖質、そして“最後のひと踏ん張り”が利くサプリメント、クレアチンを仲間に入れて筋肥大を促すGREAT5としよう。確実に取り込んで、筋合成を進めよう。

ターザン表紙へのトレーニング法

トレーニング法に関しては、誌面がまだ発売されてないので詳しくは分かりませんが、腕立て伏せをしている写真があることから、↓のような、オーソドックスなトレーニングから始められたのかもしれません。

「プッシュアップ」でバストを整える
「キレイをつくる」をテーマに、自宅でできる様々な自体重トレーニングを紹介していく本連載。両腕で床を押しながらゆっくりと下がる正しいプッシュアップを身につければ、脇の下と胸の境目あたりがスッキリ!

TarzanのHPにはトレーニングの方法が、男女別・効果別でとても詳しく載っています。

また、

女性で“シックスパック”って見たことないでしょ? 女性がフィットネス雑誌に出るときって、たいてい横向きだったり、背中だったりと。私はお腹を出して正面で行きたい!というのが目標でしたから!

と言われているように、イモトさんは腹筋を鍛えることに力を入れたようです。

スポンサーリンク

イモトアヤコ 食事法・トレーニング法まとめ

12月19日に発売予定の「Tarzan」。イモトさんの素晴らしい肉体改造について、ご本人のお話からトレーニング法などを予測してまとめてみました。

この一ヶ月間はめちゃくちゃトレーニングして、なおかつロケ(結婚発表のニュージーランド、ニューヨーク)に行ってる間は本当に肉しか食べてないですね。

と話されています。

イッテQでの体を張ったロケからも見受けられますが、やると決めたらやはり頑張るのがイモトさんのようです。

誠心誠意、自分の身体と向き合って理想の体型を手に入れたイモトさん。
これからもますますの活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました