しらスタが「ニノさん」で歌声の限界値を2つも上げたボイトレ法!

テレビ気になる

2020年4月19日放送「ニノさん」に、カリスマボイストレーニング師の「しらスタ」さんが出演されました。

しらスタさんは、ボイストレーニングが半年待ちの超人気ボイストレーナー。

なんと、二宮さんの発声の限界値を2つも上げたのです。

そのトレーニング法とは?

しらスタさんのプロフィールと共に紹介します。

スポンサーリンク

ニノさんに登場した「しらスタ」って誰?

「しらスタ」さんは、予約半年待ちのカリスマボイストレーナーです。

また、Youtuberとしても活躍されており、チャンネル登録者数が約70万人もいて、かなりの人気者です。

しらスタさんのプロフィールと経歴を紹介します。

しらスタさんプロフィール

  • 本名:白石涼(しらいしりょう)
  • Youtubeネーム:しらスタ
  • 生年月日:1990年8月3日
  • 出身:神奈川県川崎市
  • 血液型:B型
  • 出身中学校:麻布中学校(偏差値68)
  • 出身高校:麻布高校(偏差値68)
  • 出身大学:慶応大学 法学部 政治学科 (偏差値83)卒業

めちゃくちゃ高学歴ですね。

とても頭がいい方のようです。

そんなしらスタさんがYoutubeでのボイストレーナーとして活躍するようになったきっかけとは何なのでしょうか。

しらスタさん経歴

しらスタ(白石涼)さんは、子どもの頃から歌うことが大好きだったそうで、慶応大学時代には、アカペラグループを結成します。

都内ライブハウスで活動をしたり、「ハモネプ」に出演したり、歌の世界でも活躍していたようです。

大学卒業後は、リクルートマーケティングパートナーズで働いたそうですが、アルコール中毒とうつ病を同時に発症してしまい、退職したようですね。

もともと明るい性格だったのに、うつ病になった時は本当に暗い考え方になっていたようです。

その後、ボイストレーナーもしながら、先輩のいわさきひろきさんというボイストレーナーから「Youtuberになれ!」と言われたことがきっかけで、ボイトレもしながらのYoutuberになったそうです。

しらスタさんはオネエ?

また、そのYoutubeの中で、しゃべり方や仕草がオネエっぽく、「オネエなのか」という質問が多かったようで、Youtubeの中でサラッと「ゲイよ」と明るくカミングアウトしています。

しらスタさんは動画を見ても分かるように本当に明るく、多くの人がなかなか言葉に出して言えないこともサラッと言えるというところも人気が出た一つの要素のようですよ。

スポンサーリンク

しらスタさんが「ニノさん」でニノの歌声の限界値を2つも上げたボイトレ方法!

そんなしらスタさんが「ニノさん」で公開したボイストレーニング方法ですが、二宮さんだけでなく北斗晶さんの歌声も変えることが出来たのです!

北斗晶さんは、最初に歌ってみた時「天城越え」の高い部分が出なかったのですが、このしらスタさんのボイストレーニングを行った後は高い部分がちゃんと歌えるようになっていました!

その変化ぶりがすごかったです!

その方法をご紹介します。

準備するもの

  • タピオカストロー
  • ペットボトル

手順

  1. ペットボトルに水を入れストローを3cm程入れて息を吐きぶくぶくとする。
  2. この時にぶくぶくしながら音をなぞって発声します。
    (よく発声練習で「あああああああああ~」(ドレミファソファミレド~)とやりますが、これのぶくぶくバージョンという感じです)
  3. これを3分やります。

発声練習の結果

二宮さんの限界値が2つ上がり、二宮さん自身も「前より楽に声が出せる」と言われていました!

もし見逃した方がいたら、是非見逃し配信などで見てみて下さいね。U-NEXTなら31日間無料ですので、子供たちの休校期間中だけでも契約するとおうち時間が更に楽しくなりますよ♪

また、最近は家族みんなが家にいる為、心置きなく大きな声でボイトレが出来ないという場合に、面白いトレーニング機器があります。

自宅でできるボイストレーニング

みんなで工夫しておうち時間を楽しめたらいいですよね。

しらスタが「ニノさん」で歌声の限界値を2つも上げたボイトレ法!まとめ

ボイストレーニング半年待ちのカリスマ「しらスタ」さんが紹介した、高音が出るボイストレーニングについてまとめてみました。

  • ペットボトルに水とストローを入れ、ぶくぶく言わせながら音を出す
  • 3分間ぶくぶくする

という、とても簡単な方法で高音が出るようになっていました。

こんなに簡単なら、誰でもどこでも出来ますよね。

みなさんも是非試してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました