伊沢有香(カラオケバトル2020優勝)が受験した中学校判明!その特色は?

テレビ気になる

2020年1月5日に放送された「U-18歌うま甲子園 2020全国新人王決定戦(カラオケバトル)」で見事優勝された熊本在住の小学6年生・伊沢有香さん。

まだ12歳ながら、その歌唱力の凄さにビックリしました!

伊沢さんはこの春小学校を卒業して中学校に進学されますが、その進学先はもっと歌について学べる学校の様です。

伊沢有香さんについて、今後の進学先とその歌唱力について調べてみました。

スポンサーリンク

伊沢有香(カラオケバトル2020優勝)が受験した中学校判明!その特色は?

伊沢さんは2020年1月現在 小学6年生で、4月からは中学校に進学されます。

中学校は公立ではなく私立の中学校に進学予定のようで、合格の際のツイッターが上がっていました。

伊沢さんが進学する学校とはどこなのでしょうか?

伊沢有香(カラオケバトル2020優勝) が進学する中学校は?

伊沢さんのツイッターにあがっている合格証書、

ここには「学院」と書かれています。

また、この証書には文字の下に校章が透けて見えるように印刷されています。

この校章を探してみると、伊沢さんが進学される中学校は、ルーテル学院中学校ということがわかりました。

伊沢有香(カラオケバトル2020優勝) が進学する中学校の特色とは?

伊沢さんが進学するルーテル学院中学校は、ルーテル学院高校、ルーテル学院大学、と、それぞれ中学、高校、大学が併設されている私立学校です。

部活動も盛んで、特にサッカー部は中学校、高校共に全国大会まで出場出来るほどの実力を持ち合わせています。

また、ルーテル学院中学校では、英語の授業時間を多く確保してあり、3年間でプレゼンテーション力を磨く教育を実現しているようです。

伊沢有香(カラオケバトル2020優勝) が進学する中学校のいいところとは?

そして、伊沢さんにとってとても魅力的ではないかと思う点は、希望者が無料で受けることのできる音楽の芸術課外があることです。

学校の案内には

音を聴くための耳づくりと、よりよい声を出すための発声練習を行います。希望者は3月に行われる「高校芸術コース演奏会」に参加できます。

とあります。

課外の内容は ●聴音 ●視唱 ●楽典 ●音楽史 等があり、普通の中学校よりもはるかに深く音楽について学べるようになっています。

※高校芸術コースと同じ基準で、コンクール費用補助が受けられます。

とあり、対象のコンクール等に、セレクションを通過して九州大会・全国大会に参加する場合、参加費・遠征費の全部または一部が支給されるそうです。

中学高校共に費用の補助も受けることが出来、高校にも引き続き芸術コースがあるということから、伊沢さんはさらに歌唱力を磨くことが出来るのではないでしょうか。

中学校合格に、カラオケバトルでの優勝と、一つ一つ素晴らしい結果を残してこられてますね。

スポンサーリンク

伊沢有香(カラオケバトル2020優勝)の歌唱力はどこでついたの?

もともと歌うことが好きで、普段は入浴時に歌っていたそうです。

お風呂場って、歌を唄いたくなりますよね。

そして近所の方から歌をほめられたのをきっかけにカラオケで練習を始めたとのことです。

ただ、お母様は人前で歌うのはどうかな?と思ってたみたいですね。

でも、お母さんの心配をよそに、なんと初めて出た熊本の大会で優勝したそうです。

それから練習を重ね、昨年のカラオケバトルにも出場されましたが、昨年は風邪をひいて喉を痛めており決勝進出を逃したとのこと。

それで今年はリベンジ!

喉の調子も良かったのか、大会新記録を樹立する98点越えを果たしました!

その素晴らしい歌声はこちらです。

そこには伊沢さんの地道な練習があったようで、

伊沢さんは人工知能(AI)を活用した採点に対応する練習を重ねたそうです。それが功を奏した結果になりました!

やはり、地道な努力にかなうものはありませんね。

ちなみに「歌唱王」で優勝された駒津柚希さんについての記事はこちらです。

駒津さんも、とても素晴らしい歌唱力で、多くの人を感動させてくれましたよね。

スポンサーリンク

伊沢有香(カラオケバトル2020優勝)が受験した中学校判明!その特色は?まとめ

カラオケバトルU18全国新人王決定戦で優勝した伊沢有香さん。その歌唱力と今後の進路先について調べてみました。

進学先の中学校では、今までよりさらに音楽に触れ合う機会が増えそうで、今後の更なる飛躍が期待できます。

今でもものすごい歌唱力なのに、これから更に伸びていくとは、楽しみですね!

これからも伊沢さんらしく地道に練習して、またあの素晴らしい歌声が聞けるのを楽しみにしています。

今後も応援しています!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました